【完全無料】妊娠・出産・育児を学べる情報雑誌はコレ記事を読む👀

【子育て術】よぴママの子育て術!ストレスフリーで楽しく育児をしよう!

よぴママ

1歳の娘を育てる、現役ママのよぴです😊
twitter
instagram

子育てに悩みはつきものですよね。子どもは思った通りには育たないし、言っても分からないことばかりなので、よぴママも毎日の子育てに疲れてしまう事がたくさんあります。

今回は、ママが少しでもストレスフリーで楽しく育児できる為にはどうすればいいのか⁉︎現役ママアドバイザー1級のよぴママが教える子育て術をご紹介します!子育ての中で「こんな時どうする?」という疑問から「ママの心構え」など詳しく紹介するので良かったら参考にしてみてくださいね

目次

こんな時どうする?

お友達の持っているおもちゃを使いたい

2歳前後の子どもは「人の物」と「自分の物」という区別が難しいです。また、こういう行動をしたらケンカになる!など先の見通しを立てることもできません。

例)

おもちゃがお友達の所有物である場合は?

最初に遊びたかったね!と受け止める。

その後「これは○○ちゃんのだからね!」と根気よく伝える

例)

みんなで使えるおもちゃの場合は?

最初にもう少ししたら「貸して」と言おうね!と声を掛ける。その後○○ちゃんと○○ちゃんが使ってからあなたがが使えるよ」と声を掛けて具体的に伝える。

例)

貸してと言っても見通しが立たない場合は?

時計の針を指さして「時計の針がここに来たらおしまいね」と予告する。

例)

何しても貸してくれない場合は?

別のおもちゃを見せたり、他の遊びや次の行動に誘う事で解決することもあります。

お菓子買ってほしいと泣きわめく

5歳前後にならないと約束の概念が理解できないので「今日は買わないよ」と約束しても納得ができません。目の前で大人が買い物カゴに好きな物を入れているのに自分は買ってもらえないので子どもはストレスに。

例)

お菓子を買う約束している日がある場合は?

「おいしそうだね、今日は買えないけど、

 ○○に買おうね」と見通しを立ててあげる。

例)

それでも買ってとダダをこねる場合は?

お財布の中を見せて、「他に買う物があるからお菓子を買うお金がないよ」と具体的に伝える。

よぴママ

よぴママアドバイス!
お金を理解できるようになったら、今日は500円までならお菓子を買っていいよ!と伝えて自分で計算させてみましょう!その子によっては貯金したりその場で全て使ったり分かれますが、大人になる上で大切な勉強になります!!

よぴママ流しつけとは?

よぴママは子どもに注意をする時は、必ず子どもに伝わるようにしつけすることを心掛けています。その時に気をつけているポイントはこれです!

最初に子どもの気持ちを受け止めてから冷静に完結な短い文で注意すること!!

例)

危ない物で遊ぼうとしている場合は?

「○○ちゃんは○○で遊びたいんだよね、でも○○はママがお仕事で使うから今は使えないね」などその子の気持ちを受け止めて言葉にして伝えましょう。

よぴママ

よぴママアドバイス!
注意する時に最初に子どもの「○○したい」という気持ちが受け止められるとママの言葉を受け入れやすくなります。

例)

どうしても子どもの要求に応えられない場合は?

どうしても子どもの要求に応えられない場合は、ダダをこねても根負けしないようにします。冷静に「それはできない」と伝えることが大切です。

やってはいけないこと!

しつけだからと、怒りながら伝えると「怒られている」ということしか印象に残らず、何を怒られているか理解できません。子どもの感情に巻きこまれて怒ってしまうと、子どもはますます怒りや悲しみが膨らんでしまうので気をつけましょう!

ママが怒る前に気をつけてほしい事

ママが怒る前に気をつけてほしい事

子育てをしてると「いや」を連発されたり、ダダをこねられると「いい加減にしなさい」と怒りたくなりますよね。よぴママもつい怒ってしまう事があります。そんな時に気をつけてほしい事があります!

子どもの行動に怒りを感じた時の対策!

すぐに反応しないで少し間を置く!

「数を数えたり、水を飲んだり、その場を離れる」。これらを実行することで一旦冷静になれます。冷静になると自分を一歩引いて見る事ができるのでとても効果的です。

よぴママ

よぴママアドバイス!
自分を一歩引いて客観的に見ることができるのでダダをこねる子どもの気持ちを理解しようと思えるようになるよ!また、それに対してママは何にイライラしているのか第3者に説明できるようにするとそれまでの行動が頭の中で整理でき、怒りが収まる事があるので試してみてね!

周りの人の力を借りよう!

ママも睡眠不足やストレスが多くなると疲れきってしまいますよね。そんなときは一人で抱え込まず幼稚園や保育所で実施されている園庭解放や、子育て支援センターに出かけて話を聞いてもらうのも良いでしょう。

夫や親に子どもを預けられない場合は?

例えばママが体調不良や通院したい場合に、なかなか夫や親に子どもを預けられないママもいますよね。そんな場合におすすめの制度があります。

  • 保育所の一時預かり
  • ファミリーサポートセンター(事前登録が必要)
よぴママ

よぴママアドバイス!
子育てはママ1人では難しい事がたくさんあります。よぴママは普段、夫や親友に大変な事や悩み事を話して共感してもらうことでストレスが軽減されています。皆さんも1人で抱え込まずに友達や先生など話しやすい方に相談してみてはいかがでしょうか⁉︎

最後に

今回はよぴママの子育て術をご紹介しました。いくら可愛い我が子とはいえ、イライラしてしまう事はありますよね。完璧なママなんてこの世に1人もいません。子育ての悩みや不安はなるべく溜め込まずに自分に合った方法を探してみてくださいね。よぴママの子育て術が悩んでいるママに少しでも役に立ってくれると嬉しいです!

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次