【完全無料】妊娠・出産・育児を学べる情報雑誌はコレ記事を読む👀

【事故対策】赤ちゃんを思わぬ危険から守るお部屋の環境づくり

よぴママ

1歳の娘を育てる、現役ママのよぴです😊
twitter
instagram

赤ちゃんや子どもと一緒に生活していると家の中には危険がいっぱいありますよね。よぴベビもケガする寸前で防ぐといったヒヤッした経験がたくさんあります。

毎年赤ちゃんが大怪我をしたり命を落としたりする不幸な事故がたくさん起きています。そういった事故のほとんどが大人の「うっかり」や「少し目を離した隙に」という状況で発生しています。しかし、事故に合わないように24時間ずっと目を離さないでいる事は不可能です。

「ヒヤッとする事は起こってしまうものだけど、事故は確実に防ぎたい」と思っているママに今回は少しの間なら大人が目を離しても良い環境を作ってあげるにはどうすればいいのかを分かりやすくご紹介します!忙しいママが安心して子育てできるような環境づくりを一緒に勉強していきましょう♪

目次

お部屋の危険チェック!

赤ちゃんの目線・気持ちになって興味がありもそうな物や危険な物をチェックしてみましょう!過去の事故例や一般的な赤ちゃんの発達段階を考慮して事故対策をする事が大切です。まだねんね期だからといってソファに寝かせておいたら急に寝返りをして転落といった事故も多いです。赤ちゃんは日々成長しているので今できる事に対応するだけでなく次できるようになる事を見越して早めの対策をしましょう!

よぴママ

よぴママコメント!
赤ちゃんの成長につれて危険ゾーンが広がるから時々室内をチェックしよう!

キッチンの危険

よぴママ

よぴママコメント!
キッチンは料理してる時も油が跳ねたりガスコンロのスイッチを押したがったり危険がいっぱいだから進入禁止エリアにしよう!

寝室の危険

よぴママ

よぴママコメント!
添い寝でも落ちないように壁側に寝かせてあげると安心!うつ伏せ寝だと窒息の危険もあるから注意しよう!

お風呂の危険

よぴママ

よぴママコメント!
誤って浴槽に落ちてしまう事も多いからなるべく目を離さないで。髪・顔・体同じ石鹸で洗うと時短になるからおすすめ!

リビングの危険

よぴママ

よぴママコメント!
リモコンやテレビは子どもが大好きだから危険がないように手の届かない所に片付けよう。コンセントカバーもちゃんと出来ているかチェックしよう!

トイレの危険

よぴママ

よぴママコメント!
赤ちゃんは10㎝の水深で溺死する可能性があるから便器に頭を突っ込んで抜けない等という事故を防ぐ為に外鍵は必須。外鍵は100均で買えるよ!

階段の危険

よぴママ

よぴママコメント!
赤ちゃんは絶対に登れないのに登ろうとするのでますます危険に。柵は閉め忘れないように自動で閉まるタイプの柵がおすすめ!

ベランダの危険

よぴママ

よぴママコメント!
少し大きくなってきてもベランダの事故は多いので内側の鍵や柵を子どもでは開けられないように対策しておこう!

洗面所の危険

よぴママ

よぴママコメント!
洗面所には踏み台が置きっぱなしにしてあるとそこから事故に繋がりやすいので子どもが自分で持ってこれないように踏み台はその都度しまうようにしよう!

月齢別の起こりやすい事故

起こりやすい事故は赤ちゃんの発達段階によって違います。赤ちゃんは今何ができるのかしっかり把握した上で次にできる事も見越して事故対策をしましょう。心配しすぎなくらいが丁度良いですよ!

よぴママ

よぴママコメント!
この時期は自分で動ける範囲が少ないので大人しくても時間を決めて様子を見てあげましょう!

よぴママ

よぴママコメント!
この時期は頭から転ぶ事が多いので頭を床にぶつけても大丈夫なようにクッションマットを敷いてあげるよといいよ!

よぴママ

よぴママコメント!
好奇心が段々でてくるので誤飲に注意。机の角にコナーカバーは必須アイテム!

よぴママ

よぴママコメント!
この時期はケガが増えるので絆創膏や消毒液など持ち歩くといいよ。道路に近い歩道や駐車場では1人で歩かせずに必ず手を繋ぐか抱っこして目を離さない事が大切!

最後に

今回は室内の事故・ケガ対策をわかりやすくご紹介しました。少しの間大人が目を離しても良い環境ってどう作ればいいのか悩んでいるママはぜひ参考にしてみてくださいね。そしてパパにも協力してもらいながら家族みんなで事故対策をして安全に楽しい育児を一緒に頑張りましょう♪

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次